彼氏の家に泊まりに行くたびに・・・→続き

新着記事一覧

422: 名無しさん@おーぷん 2016/07/27(水)23:59:31 ID:sSQ

長分ですみません。誰かに吐き出したくて。

付き合いはじめて二週間の彼氏が私がウトウトしても、目を擦ろうとも、永遠と喋り続けるのが怖い。

彼は「毎日泊まりに来て!」というけれど、正直、もう、彼の家に泊まりに行きたくない。
彼はフレックス制の職場で、12時までに出勤すればオーケー。寝るのは3時過ぎる日が多いらしいのだけど、私は9時5時の勤務で、夜は12時には寝たい。だから泊まりにいっても、一緒にご飯食べたり飲んだり、テレビ見たりであっという間に時間は過ぎ、私は12時近くになると自然と眠くなる。

423: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)00:02:20 ID:sRw

続きます。

だが彼がそれを阻止するかのように、私が寝る頃になると一方的に喋り続ける。
たまにならいいけど、泊まりに行けば、ほぼ喋り続ける。内容は、ほとんど愚痴、不満、怒り。
面白い話なら、まだ許せたかもしれない。だけど、永遠と愚痴を聞くのって、すごいストレス溜まるってわかった。

私と彼氏は、社会人サークルで出会ったのだけど、まず、その社会人サークルのサークル長や、サークルの人の愚痴。こーゆうところが、人としてなってない。あの進行の仕方はない。などなど。

424: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)00:04:34 ID:sRw

まだ続きます。

でも、私からすれば、別に不満のない、月に一回か二回しか会わないサークル長の愚痴聞かされても困る。
そして、彼氏の同僚の愚痴。俺だったらこういう仕事する。なんたらかんたら。なんなら紙とペン出して、図や表を書いて、同僚がいかに仕事できないか説明してくる。兄弟と仲わるいらしく、兄弟のぐち。なんたらかんたら。

芸能ニュースや、愚痴ではない仕事の話から入っても、最終的には誰かの愚痴になる。この間時間計ってみたら、一人の人の愚痴を、永遠と1時間42分続けてた。

425: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)00:05:47 ID:sRw

最後です。すみません、ありがとうございました。

私がウトウトしようとも、うなだれようとも、目を擦ろうとも、永遠と愚痴を喋り続ける。たまに、私があからさまにあくびをすると、
「あ、今眠いよね?そうだよね、いつもなら寝てる時間だしねー」
といって、また喋り続ける。特に謝りはしない。
最初は仕事大変でストレス溜まってるんだと思って一生懸命聞いてたけど、愚痴を言ってる時間をそっと測り始めてから、急激に冷めてきた。

426: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)00:13:29 ID:WGj
永遠

427: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)00:16:22 ID:wly
>>425
強制終了 or 関係続行。
さて、どうする?

428: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)00:17:09 ID:KXX

ごめん、もう寝るからしゃべるのやめて
とは言ったことないの?
いや私ならまず最初にそれ言うかなーと思って

あと「永遠と」じゃなくて「延々と」ね

429: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)00:39:26 ID:sRw
>>427
書き込んだら少しスッキリしました。
強制終了でファイナルアンサーしようと思います。

430: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)00:41:10 ID:sRw
>>425
お恥ずかしや!ご指摘ありがとうございます!
最初は、よっぽど腹にたまってたんだな、誰にも吐き出せなかったんだなと思って、フムフム聞いちゃいました。
途中から、「明日、早く出勤しなきゃなんだ」とか、「ポジティブな話もたまには聞きたいな」とか言ってたのですが、彼は「そっかそっか。それでね、、、。」と、また喋り続ける状態でした。
ここ二、三日は、愚痴がはじまると私は相槌も打たずずっと天井を見ています。彼は私の機嫌が悪くて、治ればまた愚痴にフムフムと聞いてくれると思っているみたいです。私も最初から我慢しなければよかったんだと反省しました。

431: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)02:25:50 ID:1hL

彼氏は治らないメンヘラだから逃げたほうがいいよ
話を遮るより早く別れないとヤバイ
時間が経てば経つほど試す行動が増えて、別れを言い出すと被害者ぶる
しかし二週間程度だったらまだお客様扱いだからスムーズに逃げられるかもしれん

それに精神病は伝染るからね
病む前に逃げなよ

432: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)13:46:15 ID:pf3
うん、はよ逃げな案件。
新着記事一覧
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする